• WEBサービス
  • コーポレートサイト
  • ご購入は販社サイトから
  • お問い合わせ
  • カタログ請求

その他オプション (不陸調整マット・植生マット・位置決め部材・スマートキャップ・その他)

『不陸調整マット』

概要

 グリーンパネル専用『不陸調整マット』をご用意しておりますので、用途に合わせてご使用ください。
  D型     - 緑化専用 (植生基材、植生マットと併用)
  K・F・H型 - 壁面用  (コンリート面やモルタル面、石垣、間知ブロック面など)
 壁面用は、各型厚みが異なりますので、不陸状況に応じてお選びください。
 
 グリーンパネル専用『不陸調整マット』は、現場における不陸調整作業を軽減し、
  ・工期短縮
  ・省力化
  ・省人化
 に貢献いたします。
 
 ※グリーンパネル専用不陸調整マットは「積算資料 公表価格版」に掲載されております。

D型マット(緑化専用)

○主材料 天然植物繊維(ヤシ繊維)
※湿度や保存状況により縮む可能性がありますが、機能上問題ありません。
特長
1.地山との密着性を向上させます。
 柔軟性に優れ、複雑な不陸に対して追従可能です。
2.雨水に対する浸食防止効果を有します。
 不陸調整材がフィルターの役割を果たし、
 表層水のみを通過させ土砂の流出を防止します。
製品規格
TYPE 寸法(㎜) 参考重量(㎏)
D型 1,020×1,020×(70) 1.2
720×720×(70) 0.6
500×500×(70) 0.3

K型マット(壁面用)

○主材料 低密度ポリエチレン
特長
1.壁面との密着性を向上します。
 柔軟性に優れ、複雑な不陸に対して追従可能です。
製品規格
TYPE 寸法(㎜) 参考重量(㎏)
K型 980×980×20 0.6
660×660×20 0.3
420×420×20 0.1

F型マット(壁面用)

○主材料 ポリエステル
特長
1.壁面との密着性を向上させます。
 K型より厚型のタイプで、より不陸に対応します。
2.高さ調整できます。
 マットの層をめくることで、より薄く調整することが可能です。
製品規格
TYPE 寸法(㎜) 参考重量(㎏)
F型 980×980×(70) 2.5
660×660×(70) 1.1
420×420×(70) 0.4

H型マット(壁面用)

○主材料 高密度ポリプロピレン
特長
1.従来の裏込め後方(モルタル吹付工等)と比べ、型枠・吹付・コテ仕上げ等が
 不要で、経済性の向上と工期の短縮が可能。
2.簡単かつ確実な施工で、面倒な凹凸地盤の不陸調整作業を軽減。
3.高密度ポリプロピレン製の袋マットにつき、軽量で場所をとりません。
製品規格
TYPE 寸法(㎜) 参考重量(㎏)
H型 1,200×1,200 0.7
900×900 0.4
600×600 0.2

不陸調整マット よくあるご質問(FAQ)について

    ・実績はどれくらいありますか?
      600件以上の実績がございます(2021年3月現在)。
      グリーンパネルの現場、5件に1件以上の割合でご採用いただいております(2020年度実績 約23%)。
       
    ・緑化専用と壁面用がありますが、使い分けが必要ですか?
      用途に合わせて材質を選定していますので、使い分けてください。
      緑化用は天然植物繊維で製作しております。
    ・納期を教えて欲しい。
      在庫体制を敷き、速やかな納入が可能です。
    ・不陸の目安を教えて欲しい。
      おおよその目安として
       D型 ‐ 5㎝
       K型 ‐ 2㎝
       F型 ‐ 7㎝   
       H型 ‐ 10㎝   
    ・寸法調整はできますか?
      ハサミやカッターで現場調整可能です。
    ・グリーンパネルを採用する際に必ず必要ですか?
      必須ではありません、必要に応じてお使いください。
    ・現場で保管する際に注意する点はありますか?
      D型は、天然植物繊維なので、雨ざらしでの保管は避けてください。
      各種マットは立てると型崩れしますので、平面で保管ください。

『植生マット』

概要

 グリーンパネル専用『植生マット』をご用意しております。
 A型・B型・C型、用途に合わせてご使用ください。
 
 グリーンパネル専用『植生マット』は、
  ・小規模な現場ではコスト対策
  ・人力施工が可能
 になります。
  
 また、吹付機が不要で、 
  ・施工ヤード対策
  ・騒音対策
  ・厚層基材の飛び散り(汚れ)対策
 になります。

A型(植生マット)

特長
1.保温効果を有します。
2.侵食防止機能を有します。
3.種子の特殊配合にも対応いたします。
製品規格
長さ 参考重量
1m 10m / 巻
(10m² / 梱包)
15㎏

B・C型(植生マット)

特長
1.植生基材袋に超遅効性コントロール肥料、保水材料を充填しています。
2.軟岩地においても旺盛な植生を持続します。
3.種子の特殊配合にも対応いたします。
製品規格
TYPE 長さ 参考重量 植生基材袋 間隔
B型 1m 5m / 巻
(5m² / 梱包)
12㎏ 20㎝
C型 1m 3m / 巻
(3m² / 梱包)
14㎏ 10㎝

植生マット よくあるご質問(FAQ)について

    ・製品構成を教えて欲しい。
      A型 ‐ 種子接着部(薄綿) + ヤシ繊維ネット + 生分解性樹脂ネット + 肥料袋(500㎜間隔)
      B型 ‐ ポリエチレンネット + 植生基材袋(種子・肥料・土壌改良資材)(200㎜間隔)
      C型 ‐ ポリエチレンネット + 植生基材袋(種子・肥料・土壌改良資材)(100㎜間隔)
    ・納期を教えて欲しい。
      納期の目安は約2週間となります。
      在庫はしておりませんので、事前に納入希望日などお申し付けください。
    ・適用する現場を教えて欲しい。
      A型 ‐ 土壌硬度27mm未満の砂・砂質土、粘性土、礫質土、岩塊・玉石の切土、またはこれより条件の良い土質に
         適用ください。
      B型 ‐ 土壌硬度30mm未満の砂・砂質土、粘性土、礫質土、岩塊・玉石、軟岩(I)Aの切土、またはこれより
         条件も良い土質に適用ください。
      C型 ‐ 土壌硬度30mm未満の砂・砂質土、粘性土、礫質土、岩塊・玉石、軟岩(I)A、軟岩(I)Bの切土、
         またはこれより条件も良い土質に適用ください。
    ・現場で保管する際に注意する点はありますか?
      日陰の風通しの良い、乾燥した場所においてください。
    ・種子配合の変更は可能ですか?
      種子配合の変更は可能です。
      営業担当者にお問合せ下さい。
    ・グリーンパネルとの併用について注意事項はありますか?
      切土法面にグリーンマットを敷設し、その後グリーンパネルを設置となります。
      なお、グリーンマットを使用した際にはラス網は必要ありません。
    ・植生基材(厚さ)に換算すると何㎝対応まで可能でしょうか?
      A型 ‐ 植生基材(厚さ)2㎝~3㎝
      B型 ‐ 植生基材(厚さ)3㎝~5㎝
      C型 ‐ 植生基材(厚さ)4㎝~6㎝

『位置決め部材』

概要

グリーンパネル設置時の位置出しに、鋼製とレジンコンクリート製をご用意しました。
鉄筋をグリーンパネルの中心に、簡単に位置決めできます。

鋼製

レジンコンクリート製

完成

位置決め部材 よくあるご質問(FAQ)について

    ・重量を教えて欲しい。
      鋼製        :0.03kg
      レジンコンクリート製:0.12kg 
    ・納期を教えて欲しい。
      在庫体制を敷き、速やかな納入が可能です。

『スマートキャップ』

概要

 スマートキャップは、ロックボルトの頭部を保護する簡易キャップです。
 軽量で工具を使わずに簡単に取り付けが可能です。
 鋭利なロックボルトの先端をカバーし、作業時などの安全性を確保します。

特長

1.ロックボルト専用に開発いたしました
 部位に応じた最適フィットで「取付けやすく、外れにくい」キャップとなりました

例1 例2 例3
六角ナット 角度調整ナット
2.工具不要で簡単に取り付けできます

3.用途に応じて色を使い分けできます
法枠やモルタルの色に合わせたい グリーンパネルの色に合わせたい

取付方法

キャップ下部を裏返し、
ナットに合わせ押し込みます。

シーリング剤との併用

耐薬品性に優れていますので、
シーリング剤との併用が可能です。
防錆効果を高めたい時にお勧めです。

取付状況

ロックボルトの角度に追従します。

スマートキャップ よくあるご質問(FAQ)について

    ・ロックボルトの適用サイズを教えて欲しい。
      D19用とD22用をご用意しております。
    ・納期を教えて欲しい。
      在庫体制を敷き、速やかな納入が可能です。
    ・何色がありますか?
      グレー、ブラウンをご用意しております。
      イエロー、クリアーは、在庫限りとなりますので、営業担当者にお問合せ下さい。 
    ・材質は何ですか?
      塩化ビニール製です。
      耐候性、自己消化性、耐薬品性があります。

その他 ダイクレ取扱商品

  (弊社が代理店として販売させていただいております。)

『HSプレート』

 グリーンパネルの施工をもっと早く・楽に
 
  ・グリーンパネルの中央間詰が不要となり、
   工期短縮と省力化が可能です。
  
  ・ボルトの飛び出しを低くできます。
 
  
 <ご提案>
  素早く簡単に安全対策が可能なので、
  仮設の現場などいかがでしょうか。
  
  ボルトが低く抑えられるので、
  モルタルで埋設する際にいかがでしょうか。
  
  その他、工期短縮や省力化が必要な時に!
 
 
 ※HSプレートは、HS専用グリーンパネルが必要です。 
  ご検討の際は、事前に弊社までお問い合わせください。

HSプレート

               ≪HSプレート≫

施工例

                ≪施工例≫

『フラットキャップ』 NETIS 登録 No:KK-110058-VE

  ・キャップが突出しないから、
   落石・車両の接触などによる破損を防ぎます。
  
  ・護岸に使用してもゴミがたまりません。
 
  ・全面緑化に最適で優れた景観を提供します。
  
  
  「フラットキャップ」施工動画をみる

フラットキャップと壁面用グリーンパネル併用

         ≪フラットキャップと壁面用グリーンパネル併用≫

法枠での使用例

               ≪法枠での使用例≫

『UFOキャップ』

 ロックボルト工(鉄筋挿入工)の頭部保護部材を
 低床化、簡略化および軽量化することにより
 作業性の向上、コスト軽減を図るとともに
 落石や雪崩による破損を軽減させた製品。
 
 また低床化することにより植生による被覆も早く、
 景観性に優れます。
  
  
  「UFOキャップ」施工動画をみる

フラットキャップと壁面用グリーンパネル併用

          ≪UFOキャップと壁面用グリーンパネル併用≫

法枠での使用例

               ≪法枠での使用例≫

その他 取扱商品 よくあるご質問(FAQ)について

    【共通】
    ・納期を教えて欲しい。
      在庫体制を敷き、速やかな納入が可能です。

      
    【低頭型キャップ ‐ フラットキャップ・UFOキャップ】
    ・適用する法面工を教えて欲しい。
      法枠をはじめ、鉄筋挿入工の頭部キャップとして、広くご使用いただけます。
      ただし受圧板の場合は、適用しないものがありますので、取り合いを必ずご確認ください。
      ちなみにグリーンパネルは各種低頭型キャップが使えることを確認済みです。
    ・頭部の飛び出しはどれぐらいでしょうか?
      フラットキャップ ‐ 約2.5㎝
      UFOキャップ   ‐ 約5㎝
    ・地山からの余長はどれぐらい必要ですか?
      フラットキャップ ‐ 余長0㎝となります、グリーンパネルを併用する場合は4㎝となります。
      UFOキャップ   ‐ 余長4㎝となります、グリーンパネルを併用する場合は8㎝となります。
    ・ボルト径はどこまで対応可能でしょうか?
      D19、D22、D25および自穿孔φ28.5まで対応可能です。
    ・角度補正できますか?
      15°まで角度補正が可能です。
    ・施工時の充填は何を入れますか?
      フラットキャップ ‐ 発砲ウレタンを充填します。
                発泡ウレタン(500ml)も販売しています。目安として1缶で約200個施工できます。
      UFOキャップ   ‐ 防錆油140g/個の注入が必要となります。  

      
    【HSプレート】
    ・グリーンパネル中央部の間詰は不要ですか?
      HSプレートを使うと不要になります。
      間詰作業が軽減されるので、工期短縮や省人化、省力化が可能です。
    ・設計の際に余長はどれぐらい必要ですか?
      余長10㎝となります。
    ・ボルト径はどこまで対応可能でしょうか?
      D19、D22、D25および自穿孔φ28.5まで対応可能です。
    ・角度補正できますか?
      10°まで角度補正が可能です。
    ・グリーンパネルはそのまま使えますか?
      標準のグリーンパネルには取り付けできません。
      HSプレート専用のグリーンパネルを在庫しておりますので、営業担当者にお問合せ下さい。

 ※当ページは、随時更新しカタログやパンフレットなど、他の媒体より最新情報をお届けいたします。
  最新・更新情報がある時は、メールでお知らせいたしますので、ご希望のお客様は下のボタンよりお進みください。

  メールで最新情報を受ける

  お客様にお届けする情報がある時に、不定期の配信となります。

  当ページは、予告なく変更等する場合があります。

《お問い合わせ》
  -テレワーク実施中-
   下記のMAILまたはフォームより、お気軽にお問い合わせください。

    
  • 法面製品 お問い合わせ窓口

    bridge-eigyo@daikure.co.jp


         フォームでお問い合せ





     TEL  050-3734-0206



    株式会社ダイクレ 橋梁景観事業部
    〒136-0071
    東京都江東区亀戸2-18-10 住友生命亀戸駅前ビル6F


             

ダイクレブランドイメージ