• WEBサービス
  • コーポレートサイト
  • ご購入は販社サイトから
  • お問い合わせ
  • カタログ請求

高欄(橋梁用車両防護柵)

概要

 支柱の材質にJIS G 3101 一般構造用圧延鋼材(SS400)
 またはJIS G 3466 一般構造用角型鋼管(STKR400)を使用した
 鋼製高欄(橋梁用ビーム型防護柵)です。
 
 『一般社団法人全国高欄協会』 の技術部会の試験機にて性能確認を行い
 「防護柵設置基準・同解説」に準拠した高欄(橋梁用車両防護柵)を
 開発しています。

鋼製高欄補修仕様

特長

10,000橋以上の橋梁に採用されています
 昭和58年から鋼製高欄を製造し、ノウハウを蓄積しています
  実績表をみる
使用状況に合わせた豊富なラインナップを揃えています
 地覆の「幅」「高さ」「横断勾配」「など使用状況に対応した
 最適形状をご提案いたします
 また表面処理についても「コスト」「景観」「塩害対策」など
 要望に応じたご提案が可能です
セットボルト(M18)にメーカー名を刻印しています
       セットボルト
 破損時のメーカー特定が容易です
 毎年およそ100橋に補修部材を供給しており、旧型の部材供給にも
 対応いたします
鋼製高欄補修仕様

豊富なラインナップ

□既設地覆用 鉄筋回避タイプ

                                             施工例

  • 鉄筋回避タイプ
  • ワイドベース仕様

□地覆高さへの対応

地覆高さ対応


□狭小地覆タイプ

                                             施工例

  • 狭小地覆タイプ
  • 狭小地覆対応仕様

□歩車道境界専用 手摺付きタイプ

                                             施工例

  • 歩車道境界専用 手摺付きタイプ
  • 歩車道境界仕様

特殊対応品

  • かさ上げ高欄

    かさ上げ高欄

  • 歩道橋高欄

    歩道橋高欄

  • 擬宝珠高欄

    擬宝珠高欄

よくあるご質問(FAQ)について

■構造
・高欄に含まれる防護柵の範囲を教えて欲しい。
  厳密には歩行者用のSP種を指しますが、橋梁に設置される欄干全般を「高欄」と表現する旨が
  「防護柵設置要綱・資料集」に記載されています。
  従って「橋梁用車両防護柵」「高欄兼用車両防護柵」を含む包括的な単語として「高欄」は
  使用され広く定着しています。
  また高速道路に設置される剛性防護柵についても「壁高欄」という名称が一般呼称として定着しています。
・防護柵の高さは全国共通ですか?
  高欄(高欄兼用車両防護柵)は路面から1,100mmにて全国共通です。
  橋梁用車両防護柵には地域による違いが見受けられます。
  一般的には路面から1,000㎜が多く用いられます。
  例外的に、積雪地で路面から1,100mmや温暖な地方で路面から900mmが使用されることがあります。
・縦桟型と横桟型の使い分けを教えて欲しい。
  学童の通学路や幼児の多い市街地は縦桟型が使用されます。
  縦桟型は幼児の「すり抜け」を防ぐため部材間隔を15cm以下としています。
  横桟型は横方向の部材間隔が広いため見通しが良く、交差点部や郊外で多く使用されています。
  また横桟型のほうが縦桟型よりもコストが低くなります。
・角型と丸型の使い分けを教えて欲しい。
  機能による使い分けはありません。
  全国的には丸型の採用が圧倒的に多く、当社では9割以上を占めています。
  丸型は角型に比べ軽量なため施工性が良く安価になります。
  また角型が採用の場合も「支柱埋込み方式」でなく「ベースプレート方式」の採用が一般的となっています。
・角型の支柱埋込み方式は、どのような定着となっていますか?
  橋梁用車両用防護柵(高欄兼用車両防護柵)は埋込鋼管の中に支柱を設置しコンクリートが充填されています。
  車両衝突時に鋼管の直径でコンクリートに抵抗し支持力を発揮する構造となっており、鋼管の周りには
  地覆補強鉄筋が配置されています。
  埋込鋼管は市販の鋼製底付管(φ225)が、多く使用されています。
  SP種高欄は鋼管を必要としないため、地覆に直接埋め込まれています。
・ブロックアウト型とはどのような構造ですか?
  防護柵の柵面が支柱の最前面よりも車道側に突出している構造となります。
  支柱最前面から横梁最前面までの突出寸法が種別に応じたブロックアウト量として規定されています。
  ブロックアウト型は非ブロックアウト型と比較した場合に、車両の転倒防止性能に優れ、
  衝突車両が横梁に沿い軌道修正し離脱効果が高いことが確認されています。
  橋梁用車両防護柵と高欄兼用車両防護柵に適用され、SP種高欄は適用外となります。
・デザインパネルを設置する場合に考慮すべきことはありますか?
  SP種の高欄に取付する場合は、パネルとの隙間が15cm以下となるよう考慮してください。
  高欄兼用車両防護柵に取付する場合は、縦桟との間隔だけでなく、車両衝突時の車両誘導と
  変形性能を妨げないことへの配慮が必要になります。
  具体的には「横梁前面への取付は不可」「パネル前面は支柱前面より突出させない」等が挙げられます。
  また、裏側も表側と同様のデザインが必要か検討をお勧めいたします。
  裏側から見られない場合はコスト高となるためデザイン不要と考えられます。
・デザイン高欄は自由なデザインが可能ですか?
  SP種は応力計算にて設計できるため自由度の高いデザインが可能です。
  一方、橋梁用車両用防護柵(高欄兼用車両防護柵)は設計諸言と実験結果の制約を受けるため、
  支柱の変形部と横梁は既製品のままデザインを加えます。
■割付
・橋梁には必ず 橋梁用車両防護柵,高欄兼用車両防護柵,高欄 が設置されますか?
  必ずしも設置ではありません。
  橋梁の規模や橋外との落差により必要性が判断され、
  ガードレールやP種の横断防止柵が設置されているものもあります。
  沈下橋のように防護柵を設置しない橋梁もあります。
・歩道には 高欄兼用車両防護柵 を設置するべきですか?
  車両の逸脱を防ぐ場合の原則は、歩車道境界に車両用防護柵の設置です。
  幅員不足により歩車道境界部に車両用防護柵を設置できない場合に高欄兼用車両防護柵を設置いたします。
  歩車道境界部への設置を検討する場合は、歩道側を手摺とした歩車道境界専用の製品がありますのでお勧めします。
       歩車道境界専用
  また橋梁補修工事などでSP種から高欄兼用車両防護柵への更新を計画する場合、
  車両衝突時に床版張出部の強度不足が懸念されるため「床版に与える影響」の照査を行ってください。
・上部工と下部工の高欄は連続させるべきですか?
  防護柵は連続性により衝突車両を誘導しますので、伸縮継手を用いた連続をお勧めいたします。
  連続させずに「縁切り」とした場合、支柱本数の増加に伴いコスト増となりますが
  「地震時には全方向の移動が可能なため破損が低減される」
  「ウイング長変更の場合に橋梁部の割付は影響を受けない」などのメリットがあります。
  ただし、桁の遊間が15cm以上となる場合には同寸法の遊間を設定することはできません。
・支柱の割付に「決まりごと」はありますか?
  橋梁用車両用防護柵(高欄兼用車両防護柵)について、端部の支柱間隔は中間部の1/2以下といたします。
  従って一般的に使用されるA,B,C種の端部支柱間隔は1m以下となります。
  SP種については適用外となります。
・割付時に注意することは何ですか?
  伸縮装置,目地,Vカット,排水パイプなどは、支柱中心から30cm以上の距離を確保してください。
  車両衝突時にアンカープレートから斜め45度上方にコンクリートの「押し抜きせん断面」が広がりますので、
  支柱中心から30cm以上離すことで定着部への影響がありません。 
・端部は何cmまで張出しできますか?
  橋梁用車両用防護柵(高欄兼用車両防護柵)は中間部と同等以上の強度を確保するため支柱間隔の1/4迄となります。
  従って一般的に使用されるA,B,C種(支柱間隔2m)の張出しは50cm迄としています。
  これ以上の寸法となる場合は補強をいたします。
  SP種については100cm迄としています。
・前後の防護柵や親柱との隙間は何cmが妥当でしょうか?
  規定はありません。
  10cmまでに設定しておくのが一般的です。
  縦桟型の部材間隔が15cm以下に設定されていることに準じますが、
  桁の伸縮や施工誤差を考慮し最大値の15cmよりも小さい値が一般的です。
・親柱の設置位置や強度に決まりはありますか?
  設置位置、強度ともに決まりはありません。
  設置位置には「ウイング端部」と「パラペット部」の2種類から選択されます。
  ウイング端に設置する場合は、「防護柵の連続性を確保できる」「親柱の前面と側面を見せることが出来る」
  「斜角や伸縮装置に干渉しない」などのメリットがあります。
  パラペット部に設置する場合は、ウイング長に影響されないため位置を揃えることが可能となります。
  いずれにしても、親柱前面は防護柵より車道側に突出させないことや、
  防護柵との隙間が大きくならないようにすることへの配慮が必要になります。
  また近年は「車両衝突時の衝撃緩和」や「見通しの確保」を理由に親柱を撤去する動きも散見されます。
・図面に表記される数量について
  メーカー品(二次製品)の高欄はメーター数にて積算されるため、
  メーター数とエキストラの数量表記が必要となります。
  「合計重量」や「メーター当たり重量」も記載されますが、重量は参考扱いとなります。
  橋梁設計時に想定した重量に収まるかの確認と、施工時の参考として利用されているのが現状です。
  一方、製作高欄は重量で積算されるため合計重量の表記が必要となります。
■施工
・設置時にボルトのトルク管理は必要ですか?
  数値による管理は必要ありません。
  摩擦接合ではないため、全てのネジ山が掛かりグラつきが無ければ性能を発揮することが可能です。
  ただし車両走行による振動で緩みが生じないよう十分な締め付けをお願いいたします、
  目安としてはスプリングワッシャーが潰れるまでとしています。
・組み立て時のコツはありますか?
  支柱を建てた後、最下段の横梁から仮組で取付してください。
  上段から取付の場合は施工性が悪くなります。
  全ての横梁を仮組した後、主要横梁(最も太い横梁)から本締めしてください。
  この本締めにより支柱が適切な前後位置に納まり「通り」がでます。
  支柱のアンカーボルトは最後に本締めしてください。
・支柱のベースプレート部にシーリングは必要ですか?
  必要ではありません。
  この部分のシーリングは浸水対策ではなく、美観向上のために行われているものです。
・「溶融亜鉛めっき」の表面に白い粉状のものが発生していますが不良品ですか?
  白い粉状のものが「白錆」の場合は不良品ではありません。
  白錆は防錆効果には影響が無いため不良品でない旨がJIS規格に記載されています。
  溶融亜鉛めっきは美観性を求めるものではなく、安価に長期防錆を求める表面処理という観点からの記述となります。
 
・白錆の原因は何ですか?
  「溶融亜鉛めっき」の表面が安定していない期間に、水分に接触し化学変化が促進されたことが原因となります。
  例として屋外でのシート保管が挙げられます。シートにより地面の水分が湿気として籠り、
  濡れたシートが製品に貼り付くことで白錆が発生し易くなります。
  また表面の酸化被膜が安定していない期間に、融雪剤などの塩分を含んだ水分に触れ、
  急激に変化が進み白錆が発生することがあります。
  白錆が発生した場合も、一般的な設置環境では時間の経過と共に消失し他の箇所と区別がつかなくなります。
■事故補修
・写真からメーカーを特定することはできますか?
  弊社製品は写真から判断可能です、他社製の場合も分かる範囲で返答さしあげます。
  主に支柱の形状から判断いたしますので、支柱側面の形状が分かる画像を準備ください。
  特に下方の形状が重要になります。
  支柱が鋳物の場合は側面に型式記号が記されていることが多く、この型式記号も有力な判断材料となります。
  また横梁のエンドキャップが補足的な手掛かりとなることもあります。
  形状や塞ぎ板の使用から判断することもあります。
・事故補修の部材供給に期限は定められていますか?
  期限は定められておりません。
  支柱が鋼製の場合は、形状を確認できれば納入メーカーにて対応可能となります。
  支柱が鋳物の場合は、型の存否が供給に影響しますので、旧型の場合は供給の可否をメーカーに
  確認してみることをお勧めいたします。
  また現在は存続していないメーカーの場合も、同材質の他社が型を引き継いでいる場合がありますので
  確認をお勧めいたします。
・他社製品の補修部材も供給可能ですか?
  他社製品の供給には対応しておりません。
  図面により外寸が確認できる場合でも、溶接要領など確認できない事項が多くあることが理由となります。
  また橋梁用車両用防護柵(高欄兼用車両防護柵)は性能確認に実験が必要なため、
  他社製品の供給は現実的ではありません。
・破損部を交換する場合、端部から交換範囲まで取外しが必要ですか? 
  交換部のみの取外して取付可能です。
  横梁内に継手が入っています、セットボルトを外した穴から指で継手をズラすことで横梁を外すことができます。
■製作高欄
・昔の橋梁に設置されている角パイプで作られた高欄について教えて欲しい。
  支柱と横梁が溶接で固定されているものは「製作高欄」と呼ばれ、メーカー品(二次製品)とは区別されています。
  メーカー品(二次製品)が存在しない頃から採用されており、
  一般的には角パイプで作られ塗装が施されたものとなります。
  パイプの内側には防錆塗装を施すことが出来ないため、横梁連結部の内側は板で塞ぐ等、
  水分の浸入を防ぐための工夫が施されています。
  比較的新しいものには支柱の定着部に「ベースプレート方式」を採用しているものや、
  内面防錆のため「溶融亜鉛めっき」を採用したものも見受けられますが、
  破損時の部分取替えが難しく施工性が劣るため採用は減少傾向にあります。
 
・製作高欄の支柱に亀裂が発生していることがありますがなぜですか?
  寒冷地で多く見られる現象です。
  損傷部から浸入した外気から結露が生じ支柱内部に溜まります。
  この水分が凍結時に膨張することが亀裂の原因となります。
  このような亀裂が生じている防護柵は強度不足のため交換をお勧めいたします。
  メーカー品の支柱埋込方式は「水抜き穴」を設け水分を排出する構造としていますが、
  「溶融亜鉛めっき」によりパイプ内側が防錆されているため問題はありません。
  製作高欄のパイプ内面は防錆されていないため「水抜き穴」の現地加工は行わないでください。

 ※当ページは、随時更新しカタログやパンフレットなど、他の媒体より最新情報をお届けいたします。
  最新・更新情報がある時は、メールでお知らせいたしますので、ご希望のお客様は下のボタンよりお進みください。

  メールで最新情報を受ける

  お客様にお届けする情報がある時に、不定期の配信となります。

  当ページは、予告なく変更等する場合があります。
  プライバシーポリシー  

《お問い合わせ》
  -テレワーク実施中-
   下記のMAILまたはフォームより、お気軽にお問い合わせください。

  • 橋梁製品 お問い合わせ窓口

    bridge-eigyo@daikure.co.jp


         フォームでお問い合せ





     TEL  050-3734-0206



    株式会社ダイクレ 橋梁景観事業部
    〒136-0071
    東京都江東区亀戸2-18-10 住友生命亀戸駅前ビル6F


             

ダイクレブランドイメージ