• WEBサービス
  • コーポレートサイト
  • ご購入は販社サイトから
  • お問い合わせ
  • カタログ請求

鋼製排水溝

『鋼製排水溝』




概要

 道路の縁石部に設置し、路上の排水を行う
 鋼製の排水溝です。

特長

経済性の向上
 排水桝の配置が密になり過ぎ、不経済となる
 場合にご利用ください。
メンテナンス性の向上
 橋面から、維持管理及び清掃作業が可能です。
 
 また蓋部に取り付けた部材を、流水部のに
 差し込む構造で跳ね上がり・飛散を防止します。
 
 さらに蓋部と流水部をチェーンで連結し、飛散を
 徹底して防止します。
鋼製排水溝ウォーターロード

設計

荷重条件
 T-25まで対応可能です。
製品寸法
 橋梁の条件の他に降雨強度・流出係数・粗度係数により排水能力を算出し決定いたします。
表面処理
 ・溶融亜鉛めっき
 ・溶融亜鉛アルミニウム合金めっき+ナイロンコーティング
割付
 床版下の排水管位置に導水するように割付いたします。
  • 鋼製排水溝フロリダタイプ

    フロリダタイプ

  • 鋼製排水溝ボックスタイプ

    ボックスタイプ

  • 鋼製排水溝プレートタイプ

    プレートタイプ

構造例

  • 変形ボックスタイプ

    変形ボックスタイプ

  • 歩道導水構造

    開閉・歩道導水構造

  • 流末部

    流末部

鋼製排水溝 よくあるご質問(FAQ)について

    ・設計に必要なものを教えて欲しい。
      橋梁一般図、線形資料、降雨強度をご用意ください。
      排水桝間隔の設計条件と同様です。
    ・どのようなときに鋼製排水溝が検討されますか?
      縦断勾配が緩く排水桝の配置が密になるときに検討されます。
      また、景観性や跨線橋、跨道橋などの設置条件により、流末管位置や桁下の横引き管に制約があるときなどです。
     
    ・流末管の位置は、どのように決定しますか?
      橋台、橋脚付近が基本的な位置となりますが、流量計算結果や排水管位置を勘案の上、ご要望をお聞きしながら
      決定いたします。
    ・ボックスタイプの上に防護柵の設置はできますか?
      車両衝突時に変形および転倒が懸念されるため、防護柵の設置はできません。
     
    ・曲線への対応方法は?
      直線の連続で対応します、必要に応じて本体の長さを短く設定する場合があります。
     
    ・部分的に鋼製排水溝を設置することはありますか?
      現場状況に応じて使用する場合があります。
     
    ・排水性舗装には対応できますか?
      製品側面に開口を設けることで対応可能です。
      スパイラルドレーンとの併用が一般的です。
    ・歩車道境界部の導水管の処理方法は?
      
      導水管の接続に対応した開口を設けることで対応可能です。
     
    ・流末菅の形状や径はどのように決めていますか?
      排水管の断面は円形を基本とし、条件に応じた排水計算の上で決定いたします。
      そのほかの形状も対応可能ですので、ご相談ください。
    ・継目部のシーリングは必要ですか?
      構造上、シーリングが必要となります。
    ・維持管理はできますか?
      全箇所開閉が可能な構造となっておりますので、定期的な点検清掃をお願いいたします。
      

『SUS製排水溝 歩道橋用タイプ』




概要

 歩道橋やペデストリアンデッキの、橋面上の集水・排水を
 目的とした製品です。
 
 SUS製のため、高い耐久性が確保できます。
 滑り止め加工を施した細目グレーチングを使用しており、
 歩行者の安全性に配慮した構造としています。
 
 排水能力の算出や、割付図の作成も可能です。

橋梁用グレーチングタイプ

特長

維持管理
 目視で確認、取り外して清掃が容易に行えます
耐久性
 SUS製で高い耐久性が確保できます
安全性
 滑り止め加工を施した細目グレーチングを使用しており、
 歩行者の安全性に配慮できます
鋼製排水溝 歩道橋用タイプ

構造

標準構造

構造例

  • 歩道橋

    歩道橋

  • ペデストリアンデッキ

    ペデストリアンデッキ

  • 歩道橋

    歩道橋

SUS排水溝 歩道橋用タイプ よくあるご質問(FAQ)について

    ・設計に必要なものを教えて欲しい。
      橋梁一般図、線形資料、降雨強度をご用意ください。
      排水桝間隔の設計条件と同様です。
    ・どのようなとき鋼製排水溝・グレーチングタイプが検討されますか?
     
      縦断勾配が緩く排水桝の配置が密になるときに検討されます。
      また、景観性や跨線橋、跨道橋などの設置条件により、流末管位置や桁下の横引き管に制約があるときなどです。
     
    ・従来の鋼製排水溝との使い分けを教えて欲しい。
      通常の排水桝数と比べ、流末箇所数を減らすことができます。
      ただし、従来の鋼製排水溝と比較すると流水量が少ないため、従来の鋼製排水溝よりも流末箇所が減らない可能性が
      あります。
     
    ・対応可能な幅を教えてください。
      対応幅は90㎜~200㎜です。
    ・曲線への対応方法は?
      直線の連続で対応します、必要に応じて本体の長さを短く設定する場合があります。
    ・伸縮部には対応できますか?
      伸縮構造からの漏水が懸念されるため、伸縮部へは対応していません。
    ・部分的に鋼製排水溝を設置することはありますか?
      現場状況に応じて使用する場合があります。
     
    ・継目部のシーリングは必要ですか?
      構造上、シーリングが必要となります。
    ・維持管理はできますか?
      全箇所開閉が可能なため、橋面からの清掃作業が容易に行えます。

 ※当ページは、随時更新しカタログやパンフレットなど、他の媒体より最新情報をお届けいたします。
  最新・更新情報がある時は、メールでお知らせいたしますので、ご希望のお客様は下のボタンよりお進みください。

  メールで最新情報を受ける

  お客様にお届けする情報がある時に、不定期の配信となります。

  当ページは、予告なく変更等する場合があります。
  プライバシーポリシー  

《お問い合わせ》
  -テレワーク実施中-
   下記のMAILまたはフォームより、お気軽にお問い合わせください。

  • 橋梁製品 お問い合わせ窓口

    bridge-eigyo@daikure.co.jp


         フォームでお問い合せ





     TEL  050-3734-0206



    株式会社ダイクレ 橋梁景観事業部
    〒136-0071
    東京都江東区亀戸2-18-10 住友生命亀戸駅前ビル6F


             

ダイクレブランドイメージ