• WEBサービス
  • コーポレートサイト
  • ご購入は販社サイトから
  • お問い合わせ
  • カタログ請求

鋼製地覆

概要

 鉄筋コンクリート製の地覆に替わり、鋼材で地覆の
 構造および機能を持った製品です。
 
 張出地覆を使用することで、有効幅員の拡幅が
 可能となります。

鋼製地覆スチールウィング

特長

死荷重の軽減
 参考重量:243kg/m 同寸法のコンクリート地覆の約51%
 (地覆幅600mm 拡幅量200mm 地覆高250mm)
工期の短縮
 型枠の設置や養生期間を必要としないため、工期短縮が可能となります
有効幅員の拡幅
 張出地覆を使用することにより、死荷重増加を抑えつつ幅員を広げることが可能となります
 弊社防護柵との組み合わせにより、地覆幅400mmで、250mmのセットバックが確保可能です

鋼製地覆改良例

設計

適用範囲
・固定アンカーの定着強度が確保できること
・防護柵種別が A種以下 であること
製品寸法
 地覆幅・高さ・舗装厚などの条件に沿って決定いたします。
表面処理
・溶融亜鉛めっき
・溶融亜鉛アルミニウム合金めっき+ナイロンコーティング
割付
 防護柵の支柱割付を勘案し設定いたします。

構造

鋼製地覆構造例

鋼製地覆配置例

重量・価格比較

製品 鉄筋コンクリート製地覆 張出地覆 鋼製地覆
断面図 鋼製地覆重量比較1 鋼製地覆重量比較2 鋼製地覆重量比較3
条件 - 支柱部・支柱間部 2m 支柱部・支柱間部 2m
重量 475.2kg/m 243.0kg/m 145.7kg/m
重量比率 100% 51% 31%
参考価格 - 302,000円/m 260,000円/m

※重量は地覆のみの値です

施工フロー

施工フロー

施工例

施工例

構造例

  • 鋼製地覆アンカーボルト取付部

    アンカーボルト取付部

  • 鋼製地覆防護柵取付部

    防護柵取付部

  • 鋼製地覆排水桝取付部

    排水桝取付部

よくあるご質問(FAQ)について

    ・設計に必要なものを教えて欲しい。
      橋梁一般図、地覆の幅、張出量、舗装厚、防護柵の種別と高さをご用意ください。
      輪荷重位置が変わる時は、床版片持ち部の照査が必要となりますので、事前にお願いいたします。 
    ・床版からの張り出しは何mmまで可能ですか?
     
      B・C種は総幅員850mmまで、A種は750mmまで(地覆は600mmとする)となります。
     
    ・対応可能な地覆幅を教えて欲しい。
      350mm~600mmです。
    ・舗装厚は何mm必要ですか?
      設置条件により異なりますが、70~80mm必要となります。
     
    ・Rには対応できますか?
      鋼製地覆自体をR加工することはできないため、隙間で調整することになります。
    ・鋼製地覆の中に水は入りますか?
      完全防水ではありませんが、防錆のため内部もメッキを施してあり、防水としてシーリングを行います。
     
    ・床版が厚く、アンカーボルトの貫通が難しい場合、ケミカルアンカーは使えますか?
      床版との確実な一体化が求められるため、弊社はお薦めいたしません。
    ・適用できない条件はありますか?
      拡幅時に車両の走行位置が変わり、床版片持部の強度が不足する場合は適用できません。
      
    ・他社製の防護柵も取付できますか?
      取付可能です。
    ・鋼製地覆に鋼製排水溝の機能をもたせることは可能ですか?
      機能が異なるため、排水溝の機能を組み込むことはできません。
     

 ※当ページは、随時更新しカタログやパンフレットなど、他の媒体より最新情報をお届けいたします。
  最新・更新情報がある時は、メールでお知らせいたしますので、ご希望のお客様は下のボタンよりお進みください。

  メールで最新情報を受ける

  お客様にお届けする情報がある時に、不定期の配信となります。

  当ページは、予告なく変更等する場合があります。
  プライバシーポリシー  

《お問い合わせ》
  -テレワーク実施中-
   下記のMAILまたはフォームより、お気軽にお問い合わせください。

  • 橋梁製品 お問い合わせ窓口

    bridge-eigyo@daikure.co.jp


         フォームでお問い合せ





     TEL  050-3734-0206



    株式会社ダイクレ 橋梁景観事業部
    〒136-0071
    東京都江東区亀戸2-18-10 住友生命亀戸駅前ビル6F


             

ダイクレブランドイメージ