• WEBサービス
  • コーポレートサイト
  • ご購入は販社サイトから
  • お問い合わせ
  • カタログ請求

グリーンパネル (鉄筋挿入工/ロックボルト受圧板)

5,000件超えの感謝を込めて

    施主様・設計者様・施工業者様・商社様
     「グリーンパネル」の納入件数が5,000件を超えました。今年度も、過去最高の納入ペースでいただいております。
     すべて皆様のご愛顧、採用、設計、施工いただいたおかげと、心よりお礼を申し上げます。
     
     スタート時は「メッシュで地山を捕捉するのか」「プラスチックで大丈夫か」などのお問い合わせもいただき、
    グリーンパネルは面で地山を捕捉すること、FRP製で強靭なことなどをお伝えしていた頃を懐かしく思い返します。
     今では、切土に限らずの自然斜面や壁面、他工法との併用など用途が現在のように広がっていったのも、
    皆様のアイデアで、きっかけをいただいたおかげです。
     
     コロナ禍でままならぬ日が続きますが、お役に立てるよう精進いたしますので、今後ともよろしくお願いいたします。
     

概要 

 地山補強に使われる鉄筋挿入工(ロックボルト)用の受圧板です。
 
 『建設物価』『積算資料』にて 設計価格 が、
 『土木施工単価』『土木コスト情報』にて 設置歩掛 が
 掲載されている 一般工法 となります。
 
 47都道府県すべてに納入実績があり、
 国・都道府県・市町村・民間(高速道路)など幅広い施主様に
 ご採用いただいており、実績件数は4,800件以上ございます。
 
 FRP製で強靭・軽量・耐腐食に優れ、各種ボルトや保護キャップ、
 各種工法と併用が可能です。
 
 急なご要望でも、万全の在庫体制を敷いています。

特長

 FRP製

 ・強靭で、腐食の懸念が無く、ライフサイクルコストを削減できます
 ・バイオマスマーク認定の製品で、CO2削減に貢献できます
 ・軽量なため施工性が向上します

GPとガラス繊維

     ≪グリーンパネル と ガラス繊維≫

 格子構造

 ・面として機能する格子寸法なので、受圧面積が法枠より大きく、
  地山をより被覆できます
 ・モルタル吹付や連続繊維補強土と併用できます
 ・種子を保護し、通水性も確保できるため、全面緑化ができます

透視図

 ≪青線がガラス繊維で幾重にも折り重ねてます≫

 施工性

 ・独立受圧板なので、逆巻き施工に適しています
 ・法枠と比べて工程数が少なく、熟練度も必要としないので、
  工期が約半分に削減でき、省力化ができます
 ・人力による施工が可能なため、特別な重機が不要です

「グリーンパネル ハンドブック」 はこちら

仕様

製品名 寸法(㎜) 重量(㎏) 面積(m²) 許容設計荷重(kN) 標準色
レギュラーサイズ 967×967×40 17.5 0.935 123 ダークブラウン
ミドルサイズ 647×647×40 7.8 0.418
ハーフサイズ 407×407×40 3.1 0.165
ラージサイズ 1,408×1,408×50 39.5 1.982
壁面用レギュラーサイズ 967×967×40 21.2 0.935 ライトグレー
壁面用ミドルサイズ 647×647×40 9.8 0.418
壁面用ハーフサイズ 407×407×40 4.3 0.165

構造

  • 鉄筋挿入工 構造図(例)
  • グリーンパネル 断面図
  • レギュラーサイズ
  • ミドルサイズ
  • ハーフサイズ

設計・積算・施工要領書

施工手順

  • 削孔
  • 鉄筋挿入
  • セメントミルク注入
  • パネル設置(人力施工)
  • 頭部背面処理

                        グリーンパネルの施工がアニメーションでご覧いただけます
                                  『施工動画』
                            一般財団法人 経済調査会 運営サイトより

施工例

  • 切土法面
  • 高速道路・鉄塔周辺
  • 急傾斜地
  • 既設枠内補強・壁面補強
  • 壁面補強
  • 特殊塗装
  • モルタル併用
  • モルタル併用(埋設)
  • トンネル坑口
  • 自然斜面
  • 既設枠内補強
  • 土砂災害警戒区域(イエローゾーン)解除工事
  • 排水補強パイプ併用
  • 擁壁工背面補強
  • ラージサイズ使用例
  • 砂防堰堤
  • 軽量盛土工背面補強

よくあるご質問(FAQ)について

    【材料】
    ・FRPについて教えて欲しい。
      ガラス繊維などの繊維をプラスチックの中に入れて強度を高めた複合材料。
      軽量・強靭・耐腐食・耐候性など優れた特性があり航空機・自動車・船舶・
      鉄道車両など様々な分野で使われています。
      
    ・グリーンパネルのFRPについて教えて欲しい。
      レギュラーサイズには、600m以上のガラス繊維が縦横に何層も織り込まれ
      ており、重量にすると4kg以上、製品重量の25%以上を占めます。
      ガラス繊維を連続(長繊維)で織り込むので、繊維の入らない一般的な
      プラスチックより、強くて粘り強い構造となり強靭です。
      腐食の懸念も無くでメンテナンスフリー、LCC(ライフサイクルコスト)
      に優れます。
     
    ・バイオマスマークについて教えて欲しい。
      グリーンパネルは、バイオマス樹脂を採用し「バイオマスマーク認定」
      をいただいており、環境にも配慮した受圧板です。
      バイオマスマークは、生物由来資源であるバイオマス樹脂を採用し、品質
      及び安全性も良好であることを認定された環境配慮型製品に付されるマーク
      です。
      バイオマス樹脂を使用することで、化石資源の使用量を低減し、CO2削減
      効果があります。
    ・耐候性について教えて欲しい。
      FRPは一般のプラスチックと比べて耐候性に優れ、屋外で使われる、
      航空機・自動車・船舶・鉄道車両でも採用され紫外線などの影響が
      少ないのが特長です。
      グリーンパネルが緑化環境にあれば、草や基材に覆われ、紫外線などの
      影響も殆ど無いと考えます。
      グリーンパネルは、紫外線吸収剤を入れ、色も劣化しにくいダークブラウン
      を採用しています。
      壁面などの常時紫外線にさらされる環境などには、更に耐候性を上げた
      壁面用グリーンパネルもご用意しております。 
      
    【適用】
     
    ・鉄筋挿入工、アンカー工など適用できるのはどれですか?
      鉄筋挿入工が採用される補強全般に適用できます(ネジ節棒鋼、
      自穿孔ボルト、パイプ、注入式ボルトなど)。
      アンカー工には適用できません。
     
    ・適用する頭部キャップを教えて欲しい。
     
      一般的な頭部キャップ全般に適用できます。
      低頭型キャップも各種適用できます(フラットキャップ、UFOキャップ
      など)。
     
    ・適用する現場を教えて欲しい。
      道路全般、ダム、自然斜面、急傾斜、盛土などで実績があります。
      近年は、法枠の枠内、擁壁などの維持補修が増えています。
      山間部だけでなく都市部へも、施工場所が広がっています。
    ・適用する斜面を教えて欲しい。
      切土が一般的に多く、自然斜面・盛土でも実績がございます。
      不陸整正を行うことで、適用範囲は広がっています。
      ただし、不陸が大きく整正できないケースでは、ご使用になれません。
    ・適用する気候を教えて欲しい。
      FRP製のグリーンパネルは、北は北海道から、南は沖縄まで
      様々な気候で多数実績があり、寒冷地・温暖地でも問題ありません。
    ・実績はどれくらいありますか?
      47都道府県で、4,800件以上の実績がございます(2020年9月現在)。
      国交省・都道府県・市町村・公団・民間(電力・鉄道含む)などの施主様
      に、ご採用いただいております。 
    【設計】
    ・設計はどのようにすればよいですか?。
      設計ソフト「補強土」に登録されており、簡単に設計いただけます。
    ・グリーンパネルの法面工低減係数を教えて欲しい。
      μ:0.7~1.0 ※推奨値:μ= 1.0
      現場状況に応じて、0.7~1.0の範囲で実績がございます。
      その他、パネルの面積、ロックボルトの長さとピッチで算出する事例も
      ございます。
      設計者様にてご検討の上、設定いただいております。  
    ・受圧面積を教えて欲しい。
      格子は、地山を面で捕捉する機能を持つサイズで設定しています。
      受圧面積は面(外寸=面積)でお考え下さい。
      グリーンパネルは、他の受圧板と比べて受圧面積が大きく、法枠以上の
      被覆面積を確保できます。
    ・配置ピッチを教えて欲しい。
      グリーンパネルの配置は、※1.5m×1.5m (1枚/2.25m2)の 千鳥配置 を
      推奨しております。
       ※グリーンパネルの配置間隔は、補強材の配置間隔に依るため
       この限りではありません。現場状況により、1.0m×1.0mや
       2.0m×2.0mの実績もあります。
    ・鉄筋の角度は何°まで振れますか?
      角度は20°まで許容できます。
      コマナットや台座と併用し角度補正にも対応できます。
      
    ・設計価格・歩掛を教えて欲しい。
      設計価格は「積算資料」・「建設物価」に、歩掛は「土木コスト情報」・
      「土木施工単価」に掲載いただいております。
      おかげさまで、一般工法として幅広く掲載いただきておりますので、
      安心してご採用下さい。
    ・NETISに掲載されていますか?
      2017年4月20日、掲載期間が満了し、掲載終了しました。
      掲載時の位置付けは、『NETIS「活用促進技術」CG-010007VE』で、
      「発注者指定型における活用件数の多い新技術」ランキングでは、
      ベスト10に入っていました。
      新技術という位置づけから無事に卒業し、一般工法になりました。
            
    ・サイズの使い分けを教えて欲しい。
      レギュラーサイズを基本とし、レギュラーサイズが設置不可能な時に、
      ミドルサイズ・ハーフサイズを活用いただいております。
      (例)枠内補強など
    ・壁面用グリーンパネルのことを教えて欲しい。
      グリーンパネルに同素材のFRP板を一体成形で取付した製品です。
      壁面では通常のグリーンパネルは「色が馴染まない」「メッシュ部にゴミが
      溜まる」「耐候性を上げたい」という要望にお応えしました。
     
    ・特注寸法も対応できますか?
      グリーンパネルは現場のニーズに合わせて、特殊寸法も対応させて
      いただきます。
      ご要望の寸法が、規格品に無い時は、ご相談下さい。
      
    ・色を変えることできますか?
      対応可能です(別途見積となります)。
      標準は景観に馴染む色として、ダークブラウンを採用しています。
     
    【施工】
    ・逆巻き施工はできますか?
      グリーンパネルは逆巻き施工が可能です。
      非常に軽量なので、安全に逆巻き施工も行えます。
     
    ・工期の目安を教えて欲しい。
      法枠と比べて、養生が不要で、工程数も少なく、約50%の短縮が可能です。
      
    ・作業の目安を教えて欲しい。
      法枠と比べて工程数が少なく、施工が簡単なため、約半分の人員で施工が
      可能です。     
          
    ・不陸対応を教えて欲しい。
      グリーンパネルを設置したとき、接地面が出来るだけ均一になるよう、
      凸凹を調整してください。
      それでも不陸がある場合、グリーンパネル専用の不陸調整マットもご用意
      しています。
      緑化・壁面など用途に合わせてご利用ください。
    ・植生マットとの併用はできますか?
      グリーンパネルと植生マットの併用は可能です。
      基材吹付のプラント設置が不要になるので、施工が早く・静かに・省力で
      行えます。
      グリーンパネル専用植生マットもご用意しております。
    ・ラス網の位置を教えて欲しい。
      ラス網はグリーンパネルの上でも、下でもどちらでも問題ありません。
      施工しやすい方をお選びください。
    【設計変更について】
     
    ・法枠からグリーンパネルへの変更はできますか?
      法枠と同等以上の許容設計荷重、被覆面積があり、変更の実績も多数あり
      可能です。
      ただし、不陸が大きく整正できない場合は、受圧板はお薦めいたしません。
      今までの変更理由に、工期短縮・逆巻き施工・省力化などがありました。
     
    ・他製品からグリーンパネルへの変更はできますか?
      現設計の条件をグリーンパネルが充たしていれば可能です。
      設計条件(同等以上の面積・許容設計荷重など)を必ずご確認
      下さい。
      弊社でも、資料をいただければ確認させていただきます。  
    【環境】
     
    ・全面緑化できますか?
      メッシュ形状を活かし、全面緑化も可能です。 
     
    ・バイオマス樹脂を使う効果を教えて欲しい。
      バイオマス樹脂を使用すると、化石資源の使用量が低減し、CO2削減効果
      があります。
      ちなみに弊社の2018年度の出荷量から算出した削減効果は154tで、
      これは15万人が1日に吐き出すCO2排出量に相当します。
      バイオマス樹脂の普及推進に対するこれまでの取り組みが評価され、
      『第8回 バイオマス製品 普及推進功績賞』を受賞いたしました。
    【配送】
     
    ・納期を教えて欲しい。
      
      在庫体制を敷き、速やかな納入が可能です。
       
    ・荷姿を教えて欲しい。
      パレットに載せて、ストレッチフィルムで巻いて出荷しております。
    ・運送方法を教えて欲しい。
      小口は、路線便にてお届けいたします。
      路線便の取扱重量を超えた時は、貸切便にでお届けいたします。
ガラス繊維

≪ガラス繊維 拡大≫

  •  





  • バイオマスマーク
  •  



























































































































  • グリーンパネル自然斜面

    ≪面で被覆し、通水も確保(自然斜面にて)≫

  •  





























































  • ≪壁面用グリーンパネル≫

  •  

































  • ≪工期短縮≫

  •  



















































































  • バイオマス賞状

    『第8回 バイオマス製品 普及推進功績賞』

  •  
  • ≪在庫≫

  •  
  • ≪荷姿≫

  •  
  • 電話・メールで問い合わせる

        
    • 北海道・東北エリア

      〒980-0804
      宮城県仙台市青葉区大町1-4-1 明治安田生命仙台ビル4階

      Tel 022-266-8070

      bridge-eigyo@daikure.co.jp

    • 関東・甲信越・北陸・中部エリア

      〒136-0071
      東京都江東区亀戸2-18-10 住友生命亀戸駅前ビル6F

      Tel 03-5628-1074

      bridge-eigyo@daikure.co.jp

    • 近畿・中国・四国エリア

      〒532-0072
      大阪府大阪市北区豊崎3-20-9 三栄ビル8F

      Tel 06-6371-5081

      bridge-eigyo@daikure.co.jp

    • 九州・沖縄エリア

      〒812-0025
      福岡県福岡市博多区店屋町5番18号 NSビル 2F

      Tel 092-262-8765

      bridge-eigyo@daikure.co.jp